夢のマイホーム、失敗しない為に

>
この記事をシェアする

夢のマイホーム、

介護を目的とした家を建てたい

介護をする上で一番考えるべきことは、介護をする人が一日の中でどこをどの様に利用するのかです。
一日のなかで、何度も利用するトイレはどの様な車椅子の動きをするのかを考える必要があります。
介護してもらう人は、気兼ねなく生活出来ることが一番ですし、介護をする側も、ストレスを少なくして、思い描いていたスムーズな、介護生活をおくることが一番なのです。
しかし、なかなか頭で思い描けても、それを間取りとして図面にするのは、本当に難しいのです。
そんな時はケアマネージャーに協力してもらうのも良いですし、バリアフリーなど、介護に詳しい設計士に協力してもらうのが、良い方法だと思います。
自分一人で決めずに、色々な意見を聞くべきかもしれません。

実際に体験してわかること

注文住宅で家を購入する際に介護をしやすくする家にしたい場合、どの様な間取りにするべきか、想像して間取りの図面を作るのは本当にむずかしいのです。
そんな時は、介護の生活をシュミレーションできる、施設があるのをご存知ですか?
とても、家を建てる時、リフォームの際にこのような施設は参考になります。
実際に体感してみないとわからなかったかもしれない、想像だけでは、気が付かなかった問題点や改善方法などを調べることができるのです。
介護をする時に何が必要で、何が必要ないのか、詳しくチェックして、間取りを考える際に、参考にすると良いでしょう。
介護のプロの知恵をもらって、間取りを決めていけば、失敗は避けられると思います。


Copyright © 建ててから困らないために!注文住宅の注意点まとめ. All Rights Reserved.

TOPへ戻る